共立総合整骨院

代々木上原院スタッフブログ、健康法や症状事例などをご紹介!

人間天気予報

      2016/09/17

人間天気予報って?

雨が降るのがわかるんだよね?!とか、雨の来る日は古傷が痛むんだよね。なんておっしゃる方がいたり、聞いたことがありませんか?

実は気圧の変化が大きく変わる事や、湿度などが多い時などは少なからず体に影響を与えます。

体というのは温度の変化に敏感に反応します。特に寒さ・冷たさでは、体の体表面積を少なくし(筋肉全体が縮こまらせる)体温が奪われることを防ごうとする生理的反応が無意識のうちに起こります。

つまり、古傷など過去のけがをした体の部分は筋肉的萎縮が背景にあるため、気圧が大きく変わる場合に、さらに筋肉の縮こまりが古傷に萎縮の刺激加わり、その為に天候が変わる予知現象となります。気圧は空気の上昇と移動は風を起こし、暖気から冷気に変わった際には湿度が高い状態では雨となります。

また、湿度は海から上昇した空気中に含まれる水分によります。湿度も体にまとわりつきますから、気持ち悪いですよね。その不快感も人体には筋肉を無意識のうちに縮こまらせ、重怠くさせます。

体の怪我がない状態では、もともとの体の萎縮がない分、気圧の変化程度ではビクともしません・・・・なるほど!

 

如何でしたか?人間天気予報って意外に当たるのも理解できましたでしょうか?!

今回は気圧の変化と人体の影響をお知らせ致しました。

By 小笠原

 - 健康